「GPTモデル統合」の衝撃!ChatGPTアップデートのメリットを解説

 最近のChatGPTのアップデートにより、GPTストア内のカスタムGPTを一つのチャット欄で複数利用できるようになったという驚きのニュースをお届けします。

 この機能は、AIを使ったクリエイティブな活動や作業効率の向上に革命をもたらします。

新機能の概要

 ChatGPTは、OpenAIによって開発された会話型AIであり、その機能の幅は日々拡大しています。

 最新のアップデートでは、GPTストアから選択した複数のカスタムGPTを一つのチャット欄で動かせるようになりました。

 これは、特定のタスクに特化した複数のAIを同時に操作できることを意味し、作業の効率化や新たなアイデアの発想に役立ちます。

利用方法

 この新機能を利用するには、まずChatGPTの有料版に登録し、セッションをGPT-4に設定する必要があります。

 その上で、チャット欄内でアットマーク(@)を入力すると、過去に使用したGPTやピン止めしたGPTの一覧が表示され、ここから直接選択して使用できます。

実用例

  • ITニュースボット: 最新のITニュースを収集し、要約して提供します。
  • ロゴジェネレーター: ユーザーからの指示に基づいてカスタマイズされたロゴを生成します。
  • GPTの組み合わせによる革新的な利用法
  • YouTube動画要約とXポスト作成: YouTube動画の要約を行い、その要約を基にXのポストを作成。これにより、ビデオコンテンツの文字起こしやSNSへの投稿が効率化されます。
  • ITニュースとXポスト生成: リアルタイムのITニュースを収集し、Xのポスト形式で提供。最新情報を迅速に共有することが可能になります。
  • 動画内容の要約とショート動画生成: YouTube動画の内容を要約し、その内容を基にショート動画を制作。内容の理解と同時に、視覚的なコンテンツも作成できます。
  • PDF資料の解析とスライド作成: 特定のPDF資料を解析し、その内容を基にスライドを作成。報告書やプレゼンテーションの準備時間を大幅に削減します。
  • 湘南ギャルとイケメンチャット: 異なる性格のGPTを会話させることで、ユーモラスなやり取りを楽しむことができます。

記事作成と画像生成の融合

 特に興味深いのは、「Light for me」と「イメージジェネレーター」を組み合わせた利用法です。

 メタバースの可能性に関する記事を作成し、それに伴うセクションごとの画像を生成するプロセスは、コンテンツ制作の新しい地平を開きます。

 この方法により、テキストコンテンツとビジュアルコンテンツの両方を、一貫した流れで一つのプラットフォーム上で作成することが可能になります。

まとめ

 この革新的なアップデートにより、ChatGPTはさらに多様な用途に対応可能となり、ユーザーにとってより有用なツールへと進化しています。

 今後もこのような機能の拡張が期待され、AI技術の発展と共に、我々の日常業務やクリエイティブな活動に革命をもたらし続けるでしょう。

 ぜひ、これらの新しい機能を活用し、自分の仕事や趣味に役立ててみてください。

最新情報をチェックしよう!